抜け毛が多いのにハゲない?正常な抜け毛と薄毛サインの危険な抜け毛の違いとは

 

髪が抜けていっているのにハゲない?って本当にそんなことがあるんでしょうか。実は抜け毛にも正常な抜け毛薄毛になる抜け毛があるんですね。

 

抜け毛が増えても諦めず、原因を把握して対策していきましょう。


 

>>危険な抜け毛にはプランテルEXが正解!

 

抜け毛が多いからハゲるは大きな間違い!

プランテルEX

薄毛を気にしている男性にとって、髪が抜けていくことはこの上ない恐怖です。

しかし髪の毛は毎日結構な量が抜けていっているということはごく普通のことなんです。

 

日本の成人男性が一日に抜ける髪の毛は平均100本以内と言われています。あくまで平均値なのでそれ以上抜ける人もいますが、一つの目安にはなるでしょう。

 

昔から抜け毛が多い体質の人は、人より多めなのでこの平均値には当てはまらないと思ってもらって大丈夫です。

 

抜け毛は正常な現象!そこまで心配するものでもありません

薄毛に悩む人にとっては抜け毛を減らしたいというのは当たり前の願望でしょう。

  • 朝起きたら大量の抜け毛が枕にペッタリと付いていた
  • 頭を掻くだけでいつも髪がパラパラ抜ける

薄毛を気にしている人ほど、こういった警官から必要以上に深刻に考えて精神的なストレスが溜まる傾向になります。

 

ただ、まず知っておいてほしいことは、「髪は抜けるのは正常な現象」「抜けては生えるを繰り返すもの」ということです。

 

髪は一定期間成長したあと自然に抜けて、しばらくするとまた同じところから、ほぼ同じ量の毛が生えてくるということを繰り返しています。

 

つまり髪というのは、抜けるからこそ新しいものが生えてくるとも言えます。

 

抜け毛があること自体は決して異常なことではありません。

 

正常な抜け毛ってどんなもの?

全ての髪の毛は、ヘアサイクルをたどった後に必ず抜け落ちます。つまり度の髪の毛も最終的には抜け毛として消えていくんです。

 

それでもハゲていかないのは、毛根ごとに違うサイクルで成長している毛、抜ける毛、生えくる毛とわかれているからです。

 

ですので、寿命を終えた毛が抜けて「抜け毛」になったとしても、すぐにハゲるという事はないのです。

 

こういった、寿命を終えて抜けたものは正常な抜け毛と言えるでしょう。

 

薄毛に繋がる危険な抜け毛ってどんなもの?

ではハゲる危険性のある抜け毛とは何でしょう?

 

それはズバリ「新生毛」です。生えたてのまだ成長しきっていないような、柔らかく細い髪の毛です。

 

本来これからしっかり成長していくべきものが抜けていくわけですから、どんどん薄毛は進行していきます。

 

もちろん、このような若い毛が抜けてしまう状態ですから太い毛も抜けやすくなる事もありますが、自分の抜け毛をチェックして新生毛がどのくらいの割合であるかをチェックするのが大切です。

 

>>危険な抜け毛対策にはプランテルEX

 

正常な抜け毛と薄毛サインの危険な抜け毛の調べ方は?

AGAクリニックや育毛サロンにいって調べてもらうことも可能ですが、一番シンプルで手っ取り速い方法は、自分の抜け毛を肉眼でチェックすることです。

 

自宅で発生した抜け毛を捨てずに集めて、じっくり観察してみてください。

 

太くてしっかりした抜け毛が多いなら、あなたの抜け毛は正常なものと言えます。

 

一方で、まだ幼くて細い毛が多いなら危険なサイン。大半が新生毛という場合は急速に薄毛が進行している可能性があります。

 

髪には成長期と休止期があるんです!

毛周期

 

私たちの髪にはヘアサイクル(毛周期)という周期があります。

 

ヘアサイクルには

 

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

 

この3つのサイクルに大きく分けられ、すべての髪が生え変わるのに男性の場合は3~5年。女性の場合は4~6年の期間を要すると言われています。

 

ヘアサイクルのうちの8割ほどの期間は毛母細胞が分裂し髪が伸びる「成長期」です。 成長期が長ければ、髪はその分長く成長し、抜けることもありません。

 

そして完全に成長しきると一旦退行期に入ります。これはいつ抜け落ちてもおかしくない状態です。

 

そのあと「休止期」に入り退行期に入っていた古い髪の毛は自然と抜けていきます。

 

そして髪が抜け落ちたあとは、再び毛乳頭が成長し始め、さまざまな成長因子などにより再び活性化されながら毛母細胞が作られます。そしてまた新しい髪が生えてくるというわけですね。

 

プランテルEX

プランテルEXの特徴
業界注目の新成分「リデンシル」を最高濃度配合。これまでになかった新成分の効果を最大限に引き出した話題の育毛剤です。 全額返金保障付き。育毛剤で薄毛を解消したい人は是非試してみてください。
価格
9700
評価
評価5
備考
毎回4,100円引きの定期コースがお得

 

重要視すべきは脱毛本数よりも、脱毛の質

抜け毛チェックにおいて一番大切なのは抜け毛の本数ではなく、抜けた毛の状態をチェックすることです。

 

中でも分かりやすいのが毛球部分のチェックです。

毛根とは・・・頭皮の中にある髪の毛の部分

抜けた毛の毛球部分が、少し膨らんで丸みを帯びている状態ならOK。

 

逆に、毛球に厚みがまったくなかったり、尖っているような場合は危険です。

 

このような人は毛球そのものが弱まっている、もしくは成長する前に抜け落ちてしまっている状態なので、こういった方はすでに薄毛が進行していると言えます。今すぐにでも育毛ケアを始めるべきでしょう。

 

目安として一日100本以内の抜け毛であれば許容範囲内

本数よりも抜け毛の質が大事と言いましたが、質チェックが出来たら本数チェックもしておきましょう。

 

もちろん個人差はあるのですが、あまりにも脱毛本数が増えてきたと感じている人は要注意です。

 

ただ、季節によっても抜けやすい時期抜けにくい時期があったりしますし、昔から抜け毛がもともと多いという人もいます。

 

とくに夏に紫外線ダメージを受けたりして秋には抜け毛が一般的には増えやすい季節と言われています。

 

それ以外の季節に抜け毛が多いケースでは疑ってみる必要はありますが、200本程度までなら個人差の範囲内なので冷静に判断するようにしましょう。

 

薄毛につながる異常な抜け毛原因5選!

 

異常な毛根による脱毛が起こる背景には様々な原因があります。ここで代表的な原因を見ていきます。自分の抜け毛の原因を把握しましょう!


原因1 栄養不足

毛根へ届く栄養が不足してくると、健康な髪の毛をつくることができません。

 

人間は栄養を吸収すると健康維持のため内臓機能や脳に大量のエネルギーを使います。

 

髪の毛にも栄養は行きますが、髪は直接人の生死にかかわる重要な部分ではないため、どちらかというと後回しになるわけです。

 

なので、健康維持や生命維持に必要な栄養素がカラダ中に行き渡ったあと、最後にまだ余っている部分が髪の栄養として使われるようになっています。

 

つまり、不足した栄養補給では髪にまで栄養は行き渡りません。

 

毎日の食事でしっかりと栄養を確保できるように、日ごろから十分な栄養補給とバランスのとれた食事を心がけましょう。

 

原因2 血行不良

髪に栄養を運ぶのは血液です。髪が生えて育つためには栄養や酸素が必要なんですが、血行が悪いとそもそも毛根までそれらが届きにくくなってしまいます。

 

どれだけ栄養をとっても届きにくくなれば意味はありません。血行不良の改善には運動やストレスの緩和、育毛剤の使用がオススメです。

 

>>血行不良も改善できる育毛剤とは?

 

原因3 精神的ストレス

プランテルEX

万病の原因といわれるストレス。もちろん薄毛や抜け毛にも、過度のストレスは影響することが実証されています。

 

ストレスで自律神経が緊張し血管が収縮してしまうことによって、血行が悪くなり毛乳頭への栄養補給が難しくなります。

 

社会で生きていく上でストレスは切っても切り離せないものなので、「ストレスを受けるな」というのは無理がありますが、「ストレスをため込まずにうまく発散させる」ことは工夫次第で可能です。

 

できるだけ意識的にストレスを定期的に発散しながら、血行不良を防ぐようにしましょう。

 

原因4 ホルモンバランスの乱れと皮脂の過剰分泌

ホルモンバランスは健康にも髪の毛にも関係することです。

 

男性の場合は男性ホルモンの乱れ、女性の場合は女性ホルモンの乱れが薄毛・抜け毛を引き起こす要因の一つになります。

男性の場合

ジヒドロテストステロン(DTH)は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンと5αリダクターゼと呼ばれる酵素の結合によって生成されます。

 

このジヒドロテストステロン(DTH)が生成されてしまうと、髪の毛の周期であるヘアサイクルを乱してしまい、成長途中であるにも関わらず強制的に脱毛を引き起こしてしまいます。

 

成長途中の髪が強制的に抜けていってしまうため、どんどん薄毛が進行していってしまうんですね。

女性の場合

一般的に男性より女性の方が女性ホルモンの量が多いため抜け毛や薄毛になりにくいとされていますが、加齢や出産によってホルモンの分泌量は減少したり乱れたりします。

 

とくに加齢による女性ホルモン(エストロゲン)の減少は中高年女性の薄毛に直結します。女性は閉経すると女性ホルモンが著しく減り、髪の毛が細くなることがあり、抜け毛の量が増えるというよりも見た目が薄毛の状態になります。

 

また、一時的にホルモンバランスが乱れる原因としては、仕事や家事・育児などのストレス、生活習慣などが挙げられます。2種類の女性ホルモンプロゲステロンとエストロゲンは、約2週間ごとに交互に優位を繰り返すという特徴があります。

 

このバランスが崩れると、頭皮や頭髪に悪い影響がでてくるわけです。

 

原因5 間違ったヘアケア

何となく過去の経験から我流のヘアケアを行っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、間違った薄毛ケアは薄毛や抜け毛を治すどころかさらに悪化される可能性大です。そして残念なことに実際のところ多くの方がこの残念な努力をしてしまっているのです。

 

例えば、育毛シャンプーだからといって、自分の肌に合わないスカルプシャンプーを使用すると頭皮が荒れて血行不良を起こし、髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。

 

また、過剰な頭皮マッサージや育毛グッズの使用なども、場合によってはマイナスに働いている可能性もあるのです。

 

まずは根本的な正しい知識を習得し、正しい方向で努力を始めるのが正解です

 

異常な毛根からの抜け毛の5つの対策

抜け毛の中に異常な毛根の抜け毛を発見した場合、放っておくと薄毛は進行し手遅れとなってしまうかもしれません。

 

ここでは異常な毛根からの抜け毛を発見した時の対策方法を見ていきたいと思います。

 

対策1 十分な栄養、バランスのとれた食事

髪の毛も身体の一部なので、栄養が不足していると十分に成長することができず、抜け毛が起こりやすくなります。

 

カラダの健康の延長線上に、髪の健康もあると思ってください。

 

とくに髪に特化するなれば、亜鉛やタンパク質、ビタミン類などは必須栄養素です。意識して摂取するようにしましょう。

 

対策2 ストレスを定期的に発散する

ストレスは誰しも生活している限りは受けるものなので、いかにうまく発散するかが重要です。

 

旅行やカラオケ、スポーツなどあなにあった趣味を見つけるのもいいですし、自分なりのストレス発散法を意識的にみつけて実践していきましょう。

 

対策3 十分な睡眠

プランテルEX

睡眠不足は髪だけでなくカラダの健康の天敵です。睡眠不足はストレスにもなるうえに自律神経の乱れにも繋がるので、カラダにとって良いことは何一つありません。

 

6時間~8時間のまとまった睡眠を決まった時間にとるのが理想的ではありますが、どうしても仕事上や生活都合上まとまった睡眠がとれない人、もしくは不規則な生活にならざるをえない人は、できるだけ細切れの時間を利用して良質な睡眠を確保するようにしましょう。

 

夜寝不足になる人は、昼間の20分でいいので昼寝をするだけでも全然違ってきます。

 

対策4 適度な運動

適度な運動は、ストレス発散にも繋がりますし代謝があがったり血行促進にもつながります。

 

なかなか運動する時間がとれないという人も、普段の生活の中で少しでも運動になるようなことを意識的に行うといいです。

 

少し早めに家を出て自転車や徒歩で通勤してみるのもいいですし、駅や社内ではエレベーターではなく階段を使って上り下りしたりするのもいいでしょう。

 

対策5 過度な飲酒、タバコを控える

プランテルEX

お酒の飲みすぎ、タバコなども薄毛や抜け毛に影響します。

 

とくにタバコ中に含まれるニコチンは血行不良を引き起こすので髪には決してよくありません。髪の成長に必要な栄養素や酸素が運ばれにくくなってしまいます。

 

お酒も適度な量ならばプラスに働くこともありますが、飲み過ぎると内臓の働きが悪くなるため逆にマイナスに作用することにもつながります。

 

生活習慣病になる可能性も高まるうえにそうなると髪どころでは済みません。できるだけタバコは禁煙し、アルコールも適量を心がけましょう。

 

まとめ

 

抜け毛が全て悪いということではなく、正常な抜け毛とそうでない危険なものがあるということです。

 

異常な抜け毛を増やさないためにも、正しい知識を知り、間違ったケアをやめ、しっかりと効果の期待できる育毛剤を利用してケアすることが大切です。

 

このページが抜け毛で悩む人の参考になれば嬉しいです。


 

>>危険な抜け毛対策にはプランテルEX