【真実】シャンプーするとハゲるって本当?勘違いしやすい噂を配合成分をもとに徹底解説!

 

シャンプーするとハゲるなんていう都市伝説のような話がありますが、実際にそんなことあるんでしょうか?

 

成分面からその考察してわかった真実をお伝えします。


全てのシャンプーには界面活性剤が使用されています。この界面活性剤がハゲる原因となっているのではないか?と噂になっているようです。

 

結論から言うと、界面活性剤にはいくつか種類がありますが、それぞれを正しく使い分ければハゲることはありません。

 

AGAによる薄毛は遺伝による要因が大きく、薄毛人口の内9割が遺伝によるものであるとも言われています。

 

そのためシャンプーがハゲる原因だというのはちょっと言い過ぎかもしれませんね。

 

ただ、遺伝による薄毛進行をシャンプーによって早めている可能性は充分にあります。

 

大切なのは薄毛の進行を早めないシャンプーを選ぶということですね。

 

そもそもシャンプーは髪に良くない?

シャンプーの中には、頭皮に経皮毒をもたらす成分が入っているものがあります。

経皮毒とは?

 

皮膚を通じて有害な化学物質が体内に入ってしまうことで、様々な悪い症状を引き起こすという考え方。

この経皮毒によって脱毛が加速してしまい、薄毛となってしまう可能性があるんです。

 

薄毛を加速させる成分って?

シャンプーに入っていて経皮毒があると言われている成分は

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • 安息香酸ナトリウム

の4つで、ドラッグストアやコンビニで見かける有名シャンプーにはほぼ全てにいずれかが含まれています。

 

パッケージを確認すればすぐにわかるかと思いますので、一度ご確認ください。

 

これらの成分は非常に泡立ちが良く、洗浄力も高いのでシャンプーによく使われています。

 

ですが、洗浄力や皮脂を落とす作用、そしてお肌への刺激が非常に強いため、必要な皮脂まで洗い流してしまいがちなんです。

 

さらに経皮毒による脱毛も起こるわめ、薄毛の人にとってはマイナスでしかありません。

 

石油系界面活性剤は薄毛の天敵?

上記した

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム

これらは石油系界面活性剤といって、洗浄作用が強すぎて髪や頭皮に優しい成分ではないのは事実です。

 

さらに経皮毒の問題もあるため、薄毛の天敵と言って間違いありません。

 

薄毛に悩んでいる人には、アミノ酸系シャンプーがオススメです。洗浄力は石油系のものに比べマイルドで、刺激も少なく経皮毒もありません。

 

薄毛が気になってきているのに、シャンプーは石油系のままという人は意外に多いので、まずはそこからかえていってみることが必要です。

 

薄毛から頭皮を守るために、界面活性剤シャンプーの成分を熟知しよう!

シャンプーに使われている界面活性剤は次の6種類で、

  1. 硫酸系洗浄剤
  2. アミノ酸系洗浄剤
  3. ベタイン系洗浄剤
  4. グルコシド系洗浄剤
  5. 酸性石けん系洗浄剤
  6. たんぱく質系洗浄剤

です。

 

1つずつ確認してみましょう。

 

1. 硫酸系洗浄剤

高級アルコールシャンプーと呼ばれる、最も多く流通しているシャンプー。

 

石油系シャンプーとも言われ、洗浄力が強い、泡立ちが良い、原価が安いといった特徴がある。

 

上記した通り、薄毛にとって天敵と言える界面活性剤が含まれれているので薄毛には不向き。

 

2. アミノ酸系洗浄剤

アミノ酸から作られている洗浄剤。

 

薄毛の人にとって一番適したシャンプー。適度な洗浄力と保湿力を持ち、頭皮を良い状態にしてくれる。

 

泡立ちの良いタイプや洗い上がりの良いものも販売されている。

 

3. ベタイン系洗浄剤

こちらもアミノ酸系洗浄剤に近いもので、さらに刺激が少なく洗浄力が抑えられたもの。

 

赤ちゃん用のシャンプーなどで使用されていり。

 

安全性はアミノ酸系シャンプーよりも上ですが、成人が使うには少々洗浄力が弱い。

 

4. グルコシド系洗浄剤

かなり洗浄力が弱く、他の洗浄成分と組み合わせて育毛シャンプーとして完成させることが多い洗浄剤。

 

低刺激で安全性はかなり高いため、育毛シャンプー向きの成分。

 

5. 酸性石けん系洗浄剤

硫酸系洗浄剤に近いもので、洗浄力が高く泡立ちがいい洗浄剤。

 

薄毛にとっては大敵となる洗浄剤なので、使用しないほうがいい。

 

6. たんぱく質系洗浄剤

シルクやコラーゲンなどのたんぱく質からできた洗浄剤。

 

洗浄力は控えめで、シャンプーというよりはトリートメントに近い。

 

界面活性剤シャンプーの成分まとめ

シャンプーには必ず界面活性剤が使われています。

 

そのすべてが悪い成分というわけではなく、薄毛にとって良い成分のものもあります。

 

今自分が使っているシャンプーがどんなものなのか?ということをしっかりと把握することが大切ですね。

 

>>低刺激で薄毛にピッタリのシャンプーはこれ!

 

M-CAREシャンプーなら髪に影響がない?

M-CAREシャンプーは髪に優しい成分で造られたアミノ系シャンプーです。

 

一般的なアミノ酸系シャンプーと言われているものには、石油系洗浄剤が混ざっていて薄毛の人にはマイナスです。

 

石油系洗浄剤は洗浄力、脱脂力に優れていますが反面、刺激が強く髪に与える影響も大きいですからね。

 

その点M-CAREシャンプーは石油系洗浄剤を一切使用していませんので髪に影響がなく、安心して使用できます。

 

プランテルEX同様の海藻エキス、ヒオウギエキス、センブリ、ビワ葉エキス、ボタンエキスを配合した、まさに薄毛のためのシャンプーとなっています。

 

朝にシャンプーするとハゲる?

プランテルEX

朝シャンはハゲる!と言いますが、本当なのでしょうか?

 

夜も朝も洗えば清潔だしイイよね?と思いそうですが、実は違います。

 

そこまで頻繁に頭皮を洗ってしまうと皮脂が必要以上に落ちることがあります。

 

すると、それを補おうとまた皮脂が過剰に分泌されるため、頭皮が荒れて抜け毛が増え、薄毛を進行させてしまうのです。

 

過度にシャンプーするのは、頭皮の健康を守るためにもやめたほうがいいですね。

 

皮脂が毛穴を塞ぐことはない

皮脂が過剰分泌するとそれだけ皮脂腺が活発になり、皮脂の出る出口も大きくなります。

 

そのため毛穴が皮脂でつまるということはありません。

 

開いた毛穴をケアすることが大切なので、シャンプーで上手く清潔にしましょう。

 

洗いすぎは危険?

髪を洗いすぎると紫外線をブロックする役割のある庇護膜(ひごまく)まで洗い流してしまいます。

 

そうすると、紫外線のダメージを緩和することなく直接頭皮が受けるためダメージを受けます。

 

しっかり洗うことは重要ですが、やりすぎは禁物です。

 

はげる原因の多くは生活習慣の乱れ

  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 食生活の偏り
  • ストレス

一般的に言われる薄毛の原因がこれです。ひとそれぞれ大小あれど、生活習慣の乱れは薄毛の原因に直結します。

 

こういった生活習慣の乱れは、一気に改善しようとしても到底無理なものです。無理しても結局改善できずにもとに戻ってしまうのがおちです。

 

ですので、小さなことからでいいので、少しずつ改善していくことを心がけましょう。

 

髪を洗わなくてもハゲていない人がいる!?

最近では髪を洗っても洗わなくても薄毛とは関係ないという意見も出てきています。

 

髪を洗わないホームレスの人たちの薄毛率は低いという意見もあります。

 

ただ、ある意味それもあながち間違ってはなくて、よく「毛穴に詰まった皮脂を取り除く」なんて言いますが、毛穴の詰まりと薄毛の関係はないという科学論文も出ています。

 

ですので、シャンプーをしなくても薄毛とは関係がないという理論も正当性があるのかもしれません。

 

ただし、洗わないと臭いですからやっぱり洗髪は必要ですけどね・・・。そもそも不潔にしていると女性だけでなく同性にも嫌われます。

 

そんな風になってしまっては本末転倒ですよね。

 

まとめ

 

シャンプーそのものがハゲる要因とはなっていませんから、シャンプーでハゲるというのは嘘ですね。

 

ただ、シャンプーも髪に悪いものを使っていると、将来的に薄毛につながる可能性があるので、薄毛が気になる人はアミノ酸系シャンプーを使った方がいいですね。